保険会社の対応に疑問を感じたら弁護士に相談
この示談金って妥当な金額なの?最短15分でお答えします!

※受付時間、示談案の内容等によっては、お時間がかかる場合があります。

交通事故は暮らしにかかわる大事件だけど...

信頼できる大きい事務所に相談したい 遠方だと相談に行くのが大変 事務所まで行く時間がない 交渉に強い弁護士に相談したい 示談金に納得がいかない
交通事故の不安は弁護士が解消します!
相談料0円 着手金0円 弁護士費用は安心の後払い

保険会社の対応に納得がいかない...

保険会社との交渉や後遺障害など、今後の流れに不安を感じる

保険会社の対応に疑問を感じる...

後遺障害で...

今後の流れに不安...

交渉はすべて弁護士が行います そこで 弁護士費用特約を使えば費用負担0円!

弁護士費用を保険会社が負担するといっても、少額の賠償事件の場合、弁護士によっては交通事故処理の仕事量に費用が見合わないとの理由から積極的に相談に乗ってくれない事務所も多数あります。

弁護士法人ALGでは、どのような事案も賠償額に関わらず、誠心誠意対応いたします。

相談料0円 着手金0円 弁護士費用は安心の後払い

弁護士に相談するとどうなるの?

請求金額が大幅に増える!? わずらわしい交渉はすべて弁護士が対応! 弁護士法人ALGは事業部制
相談料0円 着手金0円 弁護士費用は安心の後払い

交渉はプロに任せた方がいい?

交渉は私たちプロにお任せください! 交渉により570万円増額し、合計1050万円!

損害賠償金額計算書の無料診断【後遺障害等級12級・女性・専業主婦のケース】

保険会社から提示された損害賠償金額計算書の無料診断を行っております。今すぐお問い合わせ下さい!!

1.傷害による損害額

項目 算定額 備考
治療費 支払済
通院費 26,460円 通院に要した交通費
休業損害 837,900円 事故による傷害のために
発生した収入の減少
傷害慰謝料 867,900円 精神的・肉体的な苦痛に
対する補償
小計(A) 1,732,260円

2.後遺障害による損害額

項目 算定額 備考
逸失利益 2,104,725円 後遺障害等級12級
後遺障害慰謝料 930,000円
小計(B) 3,034,725円

3.損害賠償額

合計(A+B) 4,766,985円

1.傷害による損害額

項目 算定額 備考
治療費 支払済
通院費 26,460円
休業損害 1,306,500円 +468,600円増額!
傷害慰謝料 1,348,000円 +480,100円増額!
小計(A) 2,680,960円 +948,700円増額!

2.後遺障害による損害額

項目 算定額 備考
逸失利益 4,919,040円 +2,814,315円増額!
後遺障害慰謝料 2,900,000円 +1,970,000円増額!
小計(B) 7,819,040円 +4,784,315円増額!

3.損害賠償額

合計(A+B) 10,500,000円 +5,700,000円増額!

ご依頼者の状況

過失割合で、裁判所の判断基準通りの85(相手方)対15(ご依頼者)の過失割合を主張していたが、相手方が5050を主張。折り合いがつかずにいました。

弁護士法人ALGにご相談後

事故現場を調べたり、警察への聞き取りを行ったことによって、事故状況および相手方が当初述べていた事故内容が明らかに。

その結果、過失割合は95(相手方)対5(ご依頼者)となり、
示談金が大幅にアップしました。

また、後遺障害の申請手続きでは、主治医にテストの追加や後遺障害診断書への加筆をお願いしたうえで申請をし、無事、後遺障害等級14級9号が認定されました。

ご依頼者の状況

事故により、外傷性脳出血、外傷性てんかん等を発症し、「高次脳機能障害および左片麻痺」との診断。

1度目の後遺障害等級申請を行ったところ、高次脳機能障害及び左上下肢の運動機能低下により、「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの」として、別表第二第5級2号との判定を受けたが、認定結果の妥当性に疑問がありました。

弁護士法人ALGにご相談後

医師の診断書を取り付け、さらに同種の事案の裁判例を収集。

本件の場合であれば後遺障害等級第3級3号相当であるという内容の異議申立書を作成しました。

その結果、「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」として、別表第二第3級3号に上昇し、自賠責より約640万円の保険金が追加で支払われました。

ご依頼者の状況

保険会社の外交員として働いていたものの、事故により次期給与の査定が下がってしまいました。

差額も休業損害として認定されないのでしょうか・・・・・・

弁護士法人ALGにご相談後

当初、相手方保険会社は、「提出されていた休業損害証明書の額通りしか支払えない」という態度でした。

ご依頼者の給与体系の資料をそろえ説明するとともに、相手方保健会社の主張根拠の裏どりをして、誤りを指摘していきました。

結果、こちらの主張する算定根拠に基づいた支払いを認めることとなりました。

相談料0円 着手金0円 弁護士費用は安心の後払い

医学の知識がなくては交渉に勝てません!

高度な医学的知見が問題となった場合、医師の協力が欠かせません 医療事件に特化した弁護士と連携 事故対応に圧倒的な説得力 充実した協力医師ネットワーク 570冊を越える医学専門書

弁護士法人ALGでは、
医療事件に特化した事業部を設置!

医療事故情報センター、複数の協力医師紹介団体の協力医師ネットワーク

さらには、弁護士法人ALG独自の協力医師ネットワークで、適切なサポートを可能にします!

相談料0円 着手金0円 弁護士費用は安心の後払い

■ 弁護士法人ALG&Associates 東京本部

〒163-1128 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F

TEL 03-4577-0712

■ アクセス

東京メトロ丸ノ内線 『西新宿駅』――2番出口から徒歩7分

東京メトロ丸ノ内線 都営大江戸線 『中野坂上駅』――1番出口から徒歩7分

都営大江戸線 『西新宿五丁目駅』――A1出口から徒歩8分

都営大江戸線 『都庁前駅』――A5出口から徒歩7分

弁護士費用についてのご案内
相談料0円 着手金0円 弁護士費用は安心の後払い
Copyright © ALG&Associates All Rights Reserved.