後遺障害 嗅覚を司る 鼻 | 弁護士法人ALG 後遺障害 / 東京

鼻の障害(内耳等及び耳介)

部位別後遺障害・鼻

1|はじめに

後遺障害等級表には、鼻の障害としては、「鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの」とだけ定められています。

鼻の欠損を伴わない機能障害についても、その障害の程度に応じて相当等級が認定され得ます。

2|鼻の欠損をともなう鼻の機能障害

(1)鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残した場合

後遺障害等級表の「鼻を欠損」するとは、鼻軟骨部の全部または大部分を欠損した場合をいいます。

鼻を構成する骨は、上側は頭蓋骨にある鼻骨ですが、下側は軟骨ですので、この鼻の下側にかかる軟骨の全部か大部分を失ってしまった場合をいうわけです。

等級 障害の程度 具体的な認定基準
第9級5号 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの 「鼻の欠損」とは、鼻軟骨部の全部または大部分の欠損のことをいい、鼻「の機能に著しい障害を残すもの」とは鼻呼吸困難または嗅覚脱失のことをいいます。

(2)鼻の欠損が一部にとどまる場合

上記(1)とは異なり、鼻の全部または大部分が欠損した場合でなくとも、鼻の一部が欠損していることが外貌醜状にあたる場合には、醜状障害による後遺障害として認定対象となります。

耳(耳介)の欠損と同様の考え方です。

外貌醜状は第7級・第9級・第12級と幅がありますので、上記(1)の鼻の欠損による後遺障害(第9級)と比べて、より上位の等級が認められる場合は外貌醜状の後遺障害として認定されることになります。

鼻の欠損による後遺障害の等級と外貌醜状による後遺障害の等級が同時に認定されて併合されることはありません。

(3)鼻の欠損を伴わない鼻の機能障害

交通事故により、鼻の欠損を伴わない場合でも、嗅覚がなくなったり減退したり、鼻呼吸が困難となる場合などの後遺症が残った場合には、後遺障害の認定対象となります。

この場合、嗅覚の喪失の程度や鼻呼吸の困難の程度に応じて、後遺障害の等級が認定されることになります。

等級 障害の程度 具体的な認定基準
第12級相当 嗅覚脱失または鼻呼吸困難が存する 嗅覚脱失の場合は、T&Tオルファクトメータによる平均嗅力喪失値の認知域値が5.6以上もの。ただし、静脈性嗅覚検査(アリナミンテスト)によって判断することも出来ます。
第14級相当 嗅覚減退が存する T&Tオルファクトメータによる平均嗅力喪失値の認知域値が2.6~5.5のもの。

嗅覚を失う(嗅覚脱失)、または鼻呼吸が困難な場合は第12級に相当するとされ、嗅覚が減退した場合(嗅覚減退)は第14級に相当するとされています。

嗅覚の機能については、①T&Tオルファクトメータという基準嗅力検査または②静脈性嗅覚検査(アリナミンテスト)により判断されます。

①T&Tオルファクトメータ

T&Tオルファクトメータとは、日本において嗅覚閾値検査の基準となっている検査です。

その検査内容としては、5種類の基準臭それぞれについて7~8段階の濃度が設定され、細長い濾紙(におい紙)の先端に基準臭をつけ、被検査者に提示します。

そして、濃度の薄い方から提示し、何かにおいを感じるまで濃度を濃くしていき(検知閾値)、何のにおいか判断できるまで濃度を上げていきます(認知閾値)。

嗅覚脱失の場合は、平均嗅力喪失値の認知域値が5.6以上、嗅覚減退の場合には、平均嗅力喪失値の認知域値が2.6~5.5となります。

②静脈性嗅覚検査(アリナミンテスト)

アリナミンテストは、アリナミン注射液を静脈に注入して、注入開始からニンニク臭を感じ始めるまでの時間と感じなくなるまでの時間を計測するという検査方法です。

ただし、このテストを用いることができるのは、嗅覚の脱失の判断の場合ですので、気を付けてください。

事例集