後遺障害 味覚を司る 口 | 弁護士法人ALG 後遺障害 / 東京

口の後遺障害

部位別後遺障害・口

1|はじめに

ここでいう口とは、その通り口の部分を意味します。

2|口の後遺障害

口の後遺障害には、咀嚼及び言語の機能障害、歯牙の障害があります。

(1)咀嚼及び言語の機能障害

咀嚼の機能障害は、上下咬合及び排列状態並びに下あごの開閉運動等により、総合的に判断されます。

言語の機能障害とは、4種の語音(口唇音、歯舌音、口蓋音、喉頭音)のうち1種以上に発音不能の障害が生じているもの又は綴音機能に障害があるため言語のみを用いては意思を疎通することができないものを意味します。

等級 障害の程度
第1級の2 そしゃく及び言語の機能を廃したもの
第3級の2 そしゃく又は言語の機能を廃したもの
第4級の2 そしゃく及び言語の機能に著しい障害を残すもの
第6級の2 そしゃく又は言語の機能に著しい障害を残すもの
第9級の6 そしゃく及び言語の機能に障害を残すもの
第10級の2 そしゃく又は言語の機能に障害を残すもの
※ ポイント
咀嚼の不具合の程度の具体的基準

→廃した = 流動食以外摂取できない。

→著しい障害 = 粥食またはこれに準ずる程度のもの以外摂取できない。

→障害 = 固形食物(例:たくあん、らっきょう等一定の固さの食物)の中に咀嚼ができないものがあること又は咀嚼が十分にできないものがあり、そのことが医学的に確認できる場合(不正咬合などが確認できる場合)。

語音の説明

→口唇音 = ま行音、ぱ行音、ば行音、わ行音、ふ

→歯舌音 = な行音、た行音、だ行音、ら行音、さ行音、しゅ、し、ざ行音、じゅ

→口蓋音 = か行音、が行音、や行音、ひ、にゅ、ぎゅ、ん

→咽頭音 = は行音

綴音とは

→語音が一定の順序に連結され、それに特殊の意味がつけられて言語が出来上がるものを意味します。

言語の機能障害の程度の具体的基準

→廃した = 4種の語音のうち、3種以上の発音不能のもの。

→著しい障害 = 4種の語音のうち2種の発音不能のもの又は綴音機能に障害があるため、言語のみを用いては意思を疎通することができないもの。

→障害 = 4種の語音のうち、1種の発音不能のもの。

・咀嚼機能障害と言語機能障害の組み合わせが後遺障害等級表にない場合は、併合の方法で、かつ、等級の序列を乱さないように、相当等級が定められます。

(2)歯牙障害

歯牙障害とは、現実に喪失又は著しく欠損した歯牙に対する補てつを意味します。

等級 障害の程度
第10級の3 14歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
第11級の3の2 10歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
第12級の3 7歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
第13級の3の2 5歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
第14級の2 3歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
※ ポイント
喪失または著しく欠損

→現実になくなったか、歯冠部の4分の3以上を欠損した場合を意味します。

  • 補てつ本数は、喪失した歯数と義歯の歯数が違う場合には、喪失した歯数により等級認定がなされます。
  • 歯の後遺障害については、専用の後遺障害診断書があります。

3|等級表にない障害(嚥下障害・味覚障害・声帯麻痺)

(1)嚥下障害

嚥下障害は、舌の異常、咽頭支配神経の麻痺等によって生じたものについて、その障害の程度に応じて、咀嚼機能障害にかかる等級が準用されます(例えば、嚥下の用を廃した場合は第3級相当となります。)。

(2)味覚障害

味覚障害には、頭部外傷や顎部周辺組織の損傷、舌の損傷によって生じた味覚脱失と味覚減退があります。

これは濾紙ディスク法における最高濃度液による検査により、基本4味質すべてが認知できないものが味覚脱失とされ第12級相当、基本4味質のうち1味質以上を認知できないものが味覚減退とされ第14級相当とされています。

(3)声帯麻痺

声帯麻痺による著しいかすれ声については、第12級相当の後遺障害とされています。

事例集