後遺障害 足や足首に関しての 下肢 | 弁護士法人ALG 後遺障害 / 東京

後遺障害 下肢(下肢および足指)

部位別後遺障害・下肢

1|はじめに

下肢とは、足の部分を意味します。

もっとも、後遺障害の等級においては、股関節から足関節までの三大関節部分を、特に「下肢」として扱い、その先の足指の部分について、別異に「足指」として考慮されています。

ただ、部位別で見たときに下肢と言った場合、「下肢」と「足指」の両方が含まれています。

2|下肢(下肢および足指)の後遺障害

(1)下肢

ここでいう下肢とは、股関節・膝関節・足関節の部分を意味します。

下肢の障害は、欠損障害、機能障害、変形傷害、短縮障害に分けられます。

  • 欠損障害

    下肢の欠損障害とは、下肢のいずれかの部分を失った場合を意味します。

    等級 障害の程度
    第1級の5号 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
    第2級の4号 両下肢を足関節以上で失ったもの
    第4級の5号 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
    第4級の7号 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
    第5級の5号 1下肢を足関節以上で失ったもの
    第7級の8号 1足をリスフラン関節以上で失ったもの
    ※ ポイント
  • 機能障害

    下肢の機能障害とは、関節可動域に制限がある場合や、動揺関節を残す場合、人工関節をそう入置換することになった場合など、関節の動きに障害が残った場合を意味します。

    このうち、関節可動域制限の有無及び程度は、日本整形外科学会及び日本リハビリテーション医学会により決定された「関節の機能障害の評価方法及び関節可動域の測定要領」中の測定要領に従って判断されます。

    等級 障害の程度
    第1級の6号 両下肢の用を全廃したもの
    第5級の7号 1下肢の用を全廃したもの
    第6級の7号 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
    第8級の7号 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
    第10級の11号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
    第12級の7号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
    ※ ポイント
    ① 用廃

    →強直又はこれに近い状態となったもの(健側可動域の10%以下となったものをいう。)

    →関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの(他動では可動するものの、自動運動では関節の可動域が健側の可動域の10%程度以下とのなったものをいう。)

    →人工関節・人工骨頭をそう入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの

    ② 著しい機能障害

    →可動域角度が健側の2分の1以下に制限されたもの

    →人工関節・人工骨頭をそう入置換した関節(用廃に該当しないもの)

    ③ 障害

    →可動域角度が4分の3以下に制限されたもの

    ※ ポイント

    動揺関節とは、関節の安定性機能が損なわれたため、関節の可動性が正常より大きく(参考可動域以上という意味です。)、あるいは異常な方向に運動可能になったものをいいます。

    等級 障害の程度
    第7級の10号 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
    第8級の9号 1下肢に偽関節を残すもの
    第12級の8号 長管骨に変形を残すもの
  • 変形障害

    下肢の変形障害とは、不正ゆ合がある場合など、骨に変形が残った場合を意味します。

    ※ ポイント
    ① 偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

    →大腿骨の骨幹部又は骨幹端部(以下「骨幹部等」という。)にゆ合不全を残すもの又は脛骨及び腓骨の両方の骨幹部等にゆ合不全を残すもの又は脛骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもので、常に硬性補装具を必要とするもの

    ② 偽関節を残すもの

    →大腿骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもの、または脛骨及び腓骨の両方の骨幹部等にゆ合不全を残すもの、または脛骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもので①以外のもの

    ③ 長管骨に変形を残すもの

    →大腿骨又は脛骨に変形を残し、外部から想見できる程度(15度以上屈曲して不正ゆ合した)のもの。なお、腓骨のみの変形でもその程度が著しいものも含まれます。

    →大腿骨若しくは脛骨の骨端部にゆ合不全を残すもの又は腓骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもの。

    →大腿骨又は脛骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

    →大腿骨又は脛骨(いずれも骨端部を除く)の直径が3分の2以下に減少したもの

    →大腿骨が外旋45度以上変形ゆ合し、股関節の内旋が0度を超えて可動できないものであって、大腿骨骨幹部の骨折部に回旋変形ゆ合がX線写真等により明らかに認められること

    →大腿骨が内旋30度以上変形ゆ合し、股関節の外旋が15度を超えて可動できないものであって、大腿骨骨幹部の骨折部に回旋変形ゆ合がX線写真等により明らかに認められること

  • 短縮障害

    下肢の短縮障害とは、上前腸骨棘から下腿内果下端間の距離が、健側の下肢より短くなる障害が残った場合を意味します。

    等級 障害の程度
    第8級の5号 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
    第10級の8号 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
    第13級の8号 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
    ※ ポイント

(2) 足指

ここでいう足指とは、読んで字のごとく足の指部分を意味します。

足指の障害は、欠損障害、機能障害に分けられます。

  • 欠損障害

    足指の欠損障害とは、「その全部を失ったもの」、具体的には、足指を中足指節関節から失ったものを意味します。

    等級 障害の程度
    第5級の8号 両足の足指の全部を失ったもの
    第8級の10号 1足の足指の全部を失ったもの
    第9級の14号 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
    第10級の9号 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
    第12級の11号 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
    第13級の9号 1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの
    ※ ポイント
  • 機能障害

    足指の機能障害とは、「足指の用を廃したもの」が該当します。

    具体的には、第一の足指については、末節骨の長さの半分以上、その他の足指は遠位指節間関節以上を失ったもの又は中足指節関節もしくは近位指節関節(第一の足指にあっては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものを意味します。

    等級 障害の程度
    第7級の11号 両足の足指の全部の用を廃したもの
    第9級の15号 1足の足指の全部の用を廃したもの
    第11級の9号 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
    第12級の12号 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
    第13級の10号 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
    第14級の8号 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
    ※ ポイント
    著しい運動障害の意味

    中足指節関節又は近位指節間関節(第一の足指にあっては指節間関節)の可動域が健側の2分の1以下に制限されるもの

事例集